物件見学の際に見てほしいポイント(後編)

住まい 54

こんにちは!
不動産会社の株式会社シティネットで働く30代営業エビマヨです。
私は愛犬をつれて食事に行くので、家の周辺に犬OKの飲食店が多い今の住まいの周辺環境が気に入っています!
でも、自宅の周りの環境って実際に住んでから、色々と気づくことが多いですよね!
前回に引き続き今回も『物件見学の際に注意して見てほしいポイント』についてご紹介します。
今回はお家探しの中で、物件見学をする際に私が大切にしている『周辺環境』の部分についてお伝えします!
ぜひ最後までご覧くださいね。「周辺環境」をしっかり確認することは、後悔しない購入の大切なポイントです。
特に確認した方がいいのは資料に書かれていない情報です!
3つのポイントをお伝えするのでぜひ参考にしてみてください。

①「最寄りのスーパーの距離や品ぞろえ」
距離は販売資料等で確認する人も多いと思いますが、品ぞろえや営業時間までしっかり把握しておくのがおすすめです!
近くにスーパーがあるから便利だと思っていても、「品ぞろえが悪く、遠くのスーパーまで行かないと買い物が揃わない」なんてことになったら悲しいですよね。


②「小学校や子供向け施設までの距離やル―ト」
小さなお子様がいる方は、実際に一緒に歩いて距離やルートを確認するのもおすすめです。
実際に歩いてみると、「思ったより道が暗く人通りがない」「子供の足だと表記より時間がかかる」など色々なことに気が付くことができます。


③「周辺の街路樹の種類や手入れの状態」
家の前や近所の街路樹のお手入れの頻度や精度には、担当の管理者によってばらつきがあります。
街路樹が手入れをされずに放置されると道や道路に枝が長く伸び、通行を妨げになることや害虫など被害に合うことも。
手入れが明らかにされていない状態であっても、個人が勝手に手を加えることは基本的にできないので購入前に確認しておくといいです!
例えば、街路樹に多いイチョウの木は、銀杏の実を落とさないオスのイチョウの木を選んで植栽されていることが最近では多いのです。
しかし、中には銀杏の実を落とし、周辺の道路を汚してしまうメスが植栽されている場所もあります。
ぜひ近くに街路樹がある場合は、その様子も確認して見てください。いかがでしたでしょうか?
「周辺環境」は特に大切なポイントだと思うので、お家探しをする際はしっかり確認してみてくださいね。
私は実際に生活する際に必要になる情報は、事前にお調べしてご見学の当日にしっかりお伝えさせていただいております。
地元に強い不動産屋さんだと、ちょっとした裏道や、思いもよらないお得な情報なども聞くことができるかも知れません!
ぜひ、皆様のおうち探しの参考にしてください。───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───

 

カテゴリー

PICKUP